この発想面白い!!

 

何度もダイエットに挫折してきた私なのですが、昨年念願のダイエット成功に
とうとう成功したので、これ以上絶対元に戻らないように独自のリバウンド対策を
開始しました。

 

その方法なのですが、至ってシンプルな方法で身体自体を形状記憶させてしまおうと
言うものなのです。

それに必要なのがまさにピッタリの服なのですが、特にウエストは数ミリ単位でも
太ってしまうときつく感じてしまうほど、ウエストのサイズに合ったものを着用します。

 

そんな服を毎日着用する事で太ってきたなと感じる事が出来るので、そんな時はすぐに
運動をしたり食事制限をかけて、リバウンドが本格的に始まるのを未然に防いでいたのです。

 

すると身体と言うのは本当に不思議な事に、ゴムのゆるゆるな服を着ていた時はすぐに
ウエストが太くなっていたのに対し、形状記憶させようと着始めたきつめの服の時は
本当にウエストがあまり太くならないのです。

 

さらに合わせて体重も同様にこまめに乗るようにしていたのですが、数グラムでも
太ってしまった時は必ず元の体重にすぐに戻すようにしています。

 

一旦気が緩んでしまうとすぐにリバウンドが襲ってくるのですが、常に気を配っていると
引き締まった身体がキープ出来ます。

なぜ覚えさせることが重要??

体というのは、現状を維持しようとするチカラがありますから、リバウンドというのは、例えば10kg痩せたなら、10kg痩せる前の状態に戻ろうとすることです。
そのリバウンドを防ぐには?簡単なことです。

 

 

「10kg痩せた状態を体に覚えさせる」ことです。
その期間は、人によってまちまちかも知れません。

 

 

ただ、一旦覚えさえてしまえば、多少食べ過ぎても、元の体重へは戻りづらくなります。
体は「10kg痩せた状態」を良しとしているので、今度は、逆にその状態を維持しようとするからです。
リバウンドの原因は、体が新しい体型を覚え込む前に、生活習慣を元に戻してしまう所にあると思います。

苦しい食事制限などを頑張って到達した場合は、開放感からも戻りやすいかも知れないですね。
体だけではなく、一種の精神論にもなってしまいますが、気持ちも大事です。

 

痩せた体を、心底、「心地良い!」と思うんです。
「私はこの体型、とっても心地良い!動きやすい!最高だ!」って。
そうすると、体というのは、心(脳内ホルモン)に敏感に反応しますから、「あれ、変化したこの状態、快適だぞ。。。」というように、変化した状態を受け容れる(覚える)のが早いです。